パンジーのタネを8月にまいて発芽するまでの経過




以前パンジーのタネまきを8月にしたことがありますが、二週間経っても芽が出ず、あえなく失敗に終わりました。

 

そこで今年は何とか成功させたくて再挑戦です。保冷バッグを使って試みた方法をまとめてみました。



パンジー8月のタネまきと発芽

 

タネまき方法に悩む

 

パンジーの発芽温度は、15℃〜20℃。普通に考えたら8月の気温は高すぎます。

 

8月にタネを蒔いて成功させている方の話では

 

お盆過ぎに気温が下がってくる時期があるので、タネをまいて涼しい場所を探して移動させながら育てるとのこと。

 

「やっぱりこまめに管理しないとダメなのかな?」

 

購入したタネの袋の説明書きによると

『8月は極端な早まきはせずに、冷房のきいた室内でタネをまく』とのこと。

 

「なるほど。でも留守にする日も多いしなぁ」

 

どうしようか悩んでいた時、使っていない冷蔵庫で発芽させたことがあるという文章をインターネットで見つけました。

 

「冷蔵庫か!」

「そうだ。保冷剤を入れた保冷バッグの中にタネを蒔いたパンジーを入れて、温度調整をして管理したらどうだろう?」

 

そう思って実行してみました。

 

タネまきしたパンジーを保冷バッグで管理する

 

【パンジーわらく】

今年のタネまきに選んだのは、パンジー『わらく』でストロベリーカラーホワイトのユニークな花色。

花は4cm前後と小ぶりです。何より花首が伸びにくく株がまとまると聞いたのが、選んだ決め手でした。

<通信販売で購入したパンジーのタネ>

 

【タネまきした手順】

① 冷蔵庫に保管していたパンジーのタネを取り出す

② 保存容器にキッチンペーパーを敷き、ペーパーが浸かるぐらい水を入れる

③ パンジーのタネを重ならないようにピンセットでそっと置いていく

④ 容器のフタをする

保冷バッグの中に保冷剤温度計を入れ、温度を15℃〜20℃になるように調整

 

8月13日

この日は、最高気温34℃ 最低気温27℃でした。9月までには発芽して欲しかったので、タネまき

 

バッグの中の保冷剤は、温度をみながら交換しました。でも交換し忘れて温度が25℃になったり、逆に下がりすぎて10℃ぐらいになったり。

 

なかなか適切な温度管理とは行きませんでした。

 

8月15日

それでもタネは腐ることなく、2日経つと表皮が割れ白い部分が出てきました。

 

さらに何日か経つと、白い根のようなものが伸び始めているタネもあり、小さな変化に目が離せなくなります。

 

パンジーの発芽は、植え付けから10日〜14日

 

根が出てきたのは嬉しいのですが、今度はこのままで発芽するのか不安になり始めました。

 

新聞紙ポットへ植え付ける

 

8月21日

そこで、約一週間後経ったタネを土に植え付けすることにしました。

 

40近くあるタネを24コの新聞紙ポットにピンセットで一つづつ置いていき、上から土は被せず、そっと押さえておきました。

 

管理場所は、半日陰の軒下

 

暑かったら、室内に取り込むことも必要かなと思っていましたが、雨が多く気温も30℃を超えなかったので、そのまま屋外で様子を見ることにしました。

 

パンジーが発芽する

 

8月23日

ついに発芽しました。8月13日にタネまきして10日後でした。

 

うまく発芽するか心配していましたが、小さな芽を見た時の嬉しさは格別。

 

芽が出てきたので、日向に移動させましたが、盆過ぎて天気が悪い日が続き、なかなか太陽が顔を出してくれません。

 

8月30日

 

芽が出揃ってきました。説明書によると発芽率は70%以上のようですが、今回は40近くあったタネの内26コが発芽。発芽率は60%ぐらいでしょうか。

 

茎が途中で切られたものが2~3コあったのが残念です。

雨が多いせいか、発芽後の成長はゆっくりしているような気がします。



パンジーのタネまきと発芽まとめ

 

冬に花を見たいという私の勝手な思いに、パンジーを付き合わせてしまいました。

 

今回真夏のタネまきで取った方法は、保冷バッグを使って温度管理をして発芽させようという試み。

 

保冷バッグの中で発根まで進んだので、タネの力を信じて土に植える(タネを埋める)と発根してくれました。

 

保冷バッグの中で結構な温度変化があったと思うのですが、それに耐えて発芽まで進んでくれ、初めてパンジーの8月のタネまきに成功しました。

 

自然な状態での発芽ではなかったので、今後の成長に少し不安な部分はありますが、大切に育てる予定です。

 

今年は盆過ぎから、気温がかなり下がってきたので、ひょっとしたら保冷バッグなど使わずとも、自然に発芽したかもしれません。

 

保冷バッグを使った発芽は、あくまでも個人の経験談です。発芽させる一つの試みとして読んでいただけたら幸いです。






SNSでシェアしよう