万両 千両 十両の見分け方 和風の自然な庭に似合う植物(12月)です




12月になると、ちょっと街を歩いただけでも、ピラカンサス、ナンテン、クロガネモチなど赤い実のついた木をよく見かけます。

 

その赤い実がなる植物の中で、『両』の名前が付くお正月に重宝される目出度い植物といえば万両、千両、百両、十両、一両と言われる植物でしょう。

 

縁起が良いからと、昔から人気があった植物らしいのですが、百両や十両、一両はさすがに知りませんでした。

 

 それでも万両は庭に生えていたので、他の縁起の良い植物も庭に植えたくて、千両と十両を植えてみました。

 

お正月に重宝され、赤い実がつく点は共通していますが、それぞれ違いがあるので庭での様子と見分け方をまとめてみます。

 



万両 千両 十両の特徴

 

万両(マンリョウ)

特徴

  • ヤブコウジ(サクラソウ)科の常緑低木
  • 関東から西の地域に自生する。
  • 樹高は1m以内。
  • 夏に小さい白い花をつける。
  • 幹は根元で枝分かれせずまっすぐに伸び、先端で小枝を出す
  • 実は枝にぶら下がるように下向きに付き、晩秋から冬に色づく。

  

千両(センリョウ)

 

特徴

  • センリョウ科の常緑小低木
  • 南関東から西の地域に自生する。
  • 樹高は、50~100cm。
  • 夏に黄緑色のごく小さい目立たない花をつける。
  • 葉の上に付いた実は、10月頃から色づく。

 

十両(ジュウリョウ)

 

特徴

  • 別名ヤブコウジ
  • ヤブコウジ科の常緑小低木
  • 日本に自生する。
  • 樹高は10~30cm
  • 花期は7~8月。2~5個の花を下向きに付ける。
  • 実は10~11月に赤く色づく。

 



万両 千両 十両の見分け方

 

万両、千両、十両のそれぞれの特徴を書きましたが、見分けに関しては、まだ分かったような分からないような感じです。

 

そこでもう一度まとめてみました。

 

何 科 の 植物 ?

 

万両と十両は、ヤブコウジ科。千両はセンリョウ科の植物。

万両と千両は違う科の植物なんですね

 

 樹 高

万両 ~100cm  

千両 50~100cm

十両 10~30cm

樹高を見ると、十両は他の2つと比べ明らかに小さいのがよくわかります。

 

幹 と 枝ぶり

万両 幹は根元で枝分かれせずまっすぐに伸び、先端で小枝を出す

 

 

千両 株立ち状に広がる。枝は雨などで倒れやすい。

 

十両 草のような小低木。地下茎から細い茎が立ち上がっている。

 

 

 葉 の 形


<左から万両、千両、十両>

万両 葉は互生につき、cmぐらい。濃い緑色で縁が波打つ

千両 葉は対生につき、10cmぐらいの楕円形。

   万両より緑色が明るく縁にギザギザがある

十両 3~4個の葉が輪生する

 

 

実 の つき方

<左から万両、千両、十両>

 

万両 ぶら下がった赤い実が、葉っぱの下に隠れるようにいっぱい付く

千両 葉っぱの上に赤い実がかたまって付く

十両 1~2個の実を下向きに付ける。木自体が小さいので、近づいて見ないとわかりにくい。

 

さあ、樹高や枝葉そして実のつき方を見てきました。

 

十両の見分けは、その大きさから簡単にできそうです。

 

また千両と万両の見分けは、実のつき方の違いが一番わかりやすいですねさらに幹や葉のつき方などを加味すると、もっと確実に見分けることができるでしょう。

 

 



庭での様子

 

万 両

 

12月に入り、万両の実が真っ赤になりました。千両の実が赤くなってから、約一ヶ月。これで万両、千両、十両の赤い実が揃いました。

 

実は葉っぱの下にぶら下がっていますが、赤くなるとたくさん付いているので結構目立ちます。

 

 この万両は、いつの間にか庭にあったという感じで全くの放任。鳥が食べた後の種を落とすのか、庭のあちこちで芽吹いてきますが、よっぽど邪魔にならない限り、抜きません。

 

 芽が出て育ったのを見ると、日陰よりも日向の方が実付きが良いようです。植え込みのちょっと陰になる場所で育つことが多いですが、日向でも育っています。

 

<実付きが少ない日陰の万両>

幹がまっすぐピンと伸びて、先端部にだけ葉っぱと実が集中して、頭が重くないのかな。幹は先端の重みを支えられるだけあって、しっかりしています。

 

 自然任せの景色も面白いし、お正月の切り花にするのも、いいですね。

  

千 両

 

苗をオガタマノキの足元に植えて10年以上経ち、株も大きくなりました。

 

 それでも、実がしっかり付いて切り花にも使えるようになったのは、5年ぐらい前からです。斑入り葉と普通のものを混植したのが、良かったのかもしれません。

 

11月初めには、実が赤く色付きます。そのままにしておくと、すぐ鳥たちに食べられてしまうので、毎年ネットを掛けて食べられないようにしています

 

鳥たちは、同じ赤い実でも万両より千両の実を先に食べてしまいます

 

美味しいからなのか、千両の実が上向きに付いていてよく見えるからなのか。

 

 「鳥さん、ごめんね」

 

「お正月の切り花にするまでは、何としても赤い実を木につけておきたい。お正月過ぎたら、ネットは外すので待ってね」

 

お正月までは、ちょっと窮屈そうな千両の姿です。

 

また千両は万両のように、勝手にあちこち芽が出るなんてことはないですね。

 

増やしたいなら、株分けか挿し木が必要です。剪定はお正月の切り花にして、さらに鳥が実を食べた後、軽く形を整える剪定をするだけです。

 

ちなみに旦那は、千両と万両の見分けをする時 上向きの実が千両、下向きの実が万両

 

と覚えています。なので実がない時や違う場所での見分けは?難しそうです 

 

十 両

 

ヤブコウジとの出会いは、秋の山歩きをしていた時のこと。

 

落ち葉に埋もれるように赤い小さな実が、ぽつんと付いていました。その小ささが可愛くて、そっと1株掘り起こしてもらって帰りました。

 

山で見た時は日陰に生えていたので、足元がほぼ日陰になるカキの木の下に植え込み10年以上は軽く経っているでしょう。

 

今年もポツンポツンと赤い実を付けてくれています。

 

木といっても本当に小さいので、普段は全く目立ちません。花も、今まで一度も見たことがありません。なにせこの12月にしか、しっかりと姿を見ることがないんです。

 

地下茎で少し増えたのか、2~3箇所で実が付いています。小さな鉢植えにして飾ることもできますが、私はそっと眺めるだけです。 

 

環境さえ合えば、何もせず忘れていても毎年赤い実を見せてくれます。

 

まとめ

庭で育てている(育っている?)万両 千両 十両は、三つ共縁起の良い植物です。あまり手がかからず、病害虫も気になりません。

 

そして赤い実は、冬の寂しい庭に鮮やかな色合いを添えてくれるし、緑の葉とのコントラストが美しい。日本人の美意識に合うのでしょうか。

 

冬の和風の庭に、自然な雰囲気を感じさせてくれる植物たち 自分で育てた縁起の良い植物を飾って、お正月を迎えるのもいいですよ。