ボイセンベリーを育てて2年 6月に初収穫しました




家庭で育てるキイチゴと聞けば、ラズベリーブラックベリーを思い浮かべます。

 

今回紹介するのは、あまり馴染みのないボイセンベリーという名前のベリーです。ラズベリーやブラックベリー同様に、生で食べたり、ジャムに利用されています。

 

ボイセンベリーと初めて出会った時には、どんな花が咲くのかも知りませんでした。でも以前から、ベリーを1度育ててみたいと思っていたので、何も知らぬまま購入して、育て始めました。

 

6になり、そのボイセンベリーに初めての実が付いたので、購入から、実がつくまでを書いてみました。



ボイセンベリーとは

 

「一体どんなベリー?聞いたことない」そう思う方がほとんどではないでしょうか。

 

購入した後『ボイセンベリー』について調べてみると、 バラ科のキイチゴで、ブラックベリーやラズベリーの仲間だとわかりました。

 

アメリカで、ブラックベリーとラズベリーを交配させて作られた品種だとの説が有力なようですが、はっきりとしないようです。現在はニュージーランドなどで、栽培が盛んに行われています。

 

アントシアニンポリフェノールなどを豊富に含み、健康果実として生やジャムなどで食べられている果物です。 

 

日本では、いくつかの地域で生産されているだけで、知名度は高くないようですね。ボイセンベリーがキイチゴの仲間で、健康に良さそうな成分が含まれた果実だと言うことは、わかりました。

 

それでは育て方は?購入した時についていた資料をみると

 

  • 日当たりを好む 
  • つる性植物なので、ツルは支柱やフェンスに誘引する
  • 冬には落葉する
  • 3月頃新芽が芽吹き、6月に実をつける
  • 6月に実をつけたツルは夏に枯れるので、根元から剪定する
  • 4月から株元に生えてくるツルに、次の年実がなる
  • 地植えでも鉢植えでも育てられる

 

ベリーを育てるのは初めてなので、育て方を読んでもピンときません。これはもう実際にやってみるしかありません。



ボイセンベリーを育てて2年

 

ボイセンベリーの購入

 

2年前の秋コンサートに行く途中、偶然立ち寄った催し物会場でボイセンベリーの苗が販売されていました。以前からベリーを育ててみたい思いがあったので、フラッと立ち寄り話を聞いてみました。

 

初めは荷物になるので買う気は無かったのですが、棘がなく育てやすいと聞くと、急に欲しくなって…。コンサートに行く前なのに、買ってしまったのです。

 

さてさて家に持って帰り、それから植えつけ場所を考えます。買った後に植え場所を選ぶなんて、何も考えずに買ったせいですね。

 

ボイセンベリーの植えつけ

 

鉢植えにもできるようですが、今以上に鉢の数を増やしたくないので、地植えにします。

 

空いている場所といえば、畑だけです。ボイスンベリーは植えっぱなしになるはず。日当たりが良く野菜を植え付ける時に邪魔にならない場所は?と考えた結果、畑の南の端に植えました

 

秋から冬そして春になり、新芽が伸び始めます。芽が動き出したのは知っていたのですが、そんなに急には大きくならないだろうと楽観して、そのままにしていました。

 

するとツルが伸びてきて、いつの間にか旦那がツルを切っていました。通るのに邪魔だと思ったようです。

 

ボイセンベリーの植え替え

 

まさかツルを切ってしまうとは。切らないでと頼んでおけば、問題なかったのですが。お互いの意思疎通がうまく行かなかったようです。

 

畑では、野菜を植えたり通ったりするのに邪魔になることがわかったので、ボイセンベリーを植え替えることにしました。

 

選んだのは、花壇の一角。草花と一緒にはしたくなかったのですが、他の場所が見当たらないので、やむなく決断。春に植え替えをし、ツルを誘引するために、支柱も用意しました。

 

旦那とは、花壇の中を勝手に触らない約束をしているので、今度は切られる心配はありません。

 

ボイセンベリーも順調に根付き、伸びたツルは、支柱にグルグルと回して絡めました。

 

ボイセンベリーの初収穫

 

今年の4月には、ついに白い花が咲きました。

 

バラ科なので、いちごの花に良く似ています

 

花が終わった後には、緑色の小さな実がついています。

 

6月になると、実が大きくなり赤く色づき始めました。薄い赤から濃い赤色へ。そして艶のある黒っぽい色へと変化しました。

 

 

黒っぽくなって来たら、食べ時のようです。

 

2cmぐらいの大きさの実は、そっと指で摘んだだけなのに、柔らかくて一部つぶれてしまいました。

 

慌ててそのまま食べると、甘くて、ちょっと酸っぱい自然な味がしました。中に小さなタネがあるようですが、舌に少し感じる程度で、あまり気になりませんでした。

 

毎日一つ、二つと実が熟します。黒っぽくなると落ちやすくなるので、毎朝熟しているか確認して、生で食べています。今年は数える程の収穫しかありませんが、来年はもっと採れそうで楽しみです。

 

ボイセンベリーのツルが伸びて

 

今実が付いているツルは、3mmぐらいの太さです。支柱はその太さに合わせて高さ1mちょっとのドーム型にしています。

 

ところが、この春に出て来たツルは3mmの倍以上8mmぐらいの太さになって勢いよく伸びます。今の支柱では、到底収まりきれません。

 

<手前の2本が今年はえたツル>

 

ボイセンベリーの上には、柿の葉が茂って来ています。お互い成長して接触しそうな勢いです。

 

困りました。

 

ボイセンベリーは、まだまだ勢いよく伸びそうな気配です。また植えかえるなんて考えたくありません。ツルが柔らかい内になんとかしなくては…。横に支柱を広げるのもいいかも。どうしたら良いか思案中です。

 

ボイセンベリーの病害虫

 

春になって柔らかい葉が茂ってくると、小さな青虫がやって来ます。見つけたら捕獲するようにしていますが、生き残った青虫が葉っぱを食べるので、葉っぱは穴だらけ。ドーム型の支柱では、葉が重なって風通しが悪いのかも。

 

<虫食いだらけの葉っぱ>

農薬は使いたくないので、風通しを良くして見守るしかなさそうです。

 

初めてのボイセンベリーは、何とか収穫までこぎ着けました。棘がなく扱いやすいので、助かりました。家で果実が採れるのは、やっぱり嬉しいものです。これから、毎年6月が楽しみになりそうです。

まずは支柱をどうするか、旦那と相談することにします。