急須の取っ手の修理、自然素材を使って直す方法




茶を入れる時、急須を使いますよね。その急須の取っ手に巻かれたナイロン紐が緩んでしまった経験は、ありませんか?

 

我が家は、3人共日本茶が大好きです。その為大きな急須を使っているのですが、お湯の量が多すぎて取っ手に負担がかかってしまうようです。ナイロン紐が緩んでしまい、取っ手が不安定になりました。



急須の取ってを自然素材で直す方法

 

取っ手だけを買い換えることも考えました。100円ショップにもありそうだし。でも緩んだ所だけを直せばまだまだ使えそうです。

 

すると、もったいない精神がむずむずと頭をもたげてきました。家にある物で工夫できないかと考えてみました。

 

そして閃いたのが、園芸でよく使うシュロ縄でした。植物と支柱を結んだり、支柱同士を縛ったり、剪定した枝を束ねたりと、庭を手入れする時によく使うものです。自然素材で強度もあり、よく締まります。

 

これは、やってみるしかない!シュロ縄で取っ手修理に挑戦です。

 

用意するもの


*シュロ縄(70cm)見た目を考えて、シュロ縄は、細く茶色のものを使うことにしました。 

*ハサミ
*水を入れる容器(何でも大丈夫)
                        

 

作業の仕方

 

① 水の入った容器に切ったシュロ縄を入れ、縄全体を水に浸ける

② 水が浸透し、シュロが柔らかくなったら取りだす(10分くらい)
③ 濡れたままの状態で、縄の先端を中に入れ巻き始める

④ 必要な長さになったら、巻きつけた縄に下に最後の部分をくぐらせる

⑤ 巻きを整えながら引っ張り、きつく締める

⑥ 余分な部分を切り、形を整える



急須の取ってを直す方法(動画)

 



急須の取ってを直してみた感想

 

水に濡らしたシュロ縄は、柔らかく作業しやすいですよ。そして何より乾くと固く締まり丈夫です。

 

我が家では、はじめ一箇所だけしていたのですが、今度は反対側に負担がかかりナイロン紐が緩んでしまいました。そこで反対側もシュロ紐に。

 

いまでは、両側のバランスが取れたみたいです。オシャレではないですが、馴染んでいい感じ。暫くこのまま使えそうです。

もし解けたら、もう一度水につけて巻き直しもできます。ちょっと巻きが短くなりますが・・・

シュロ縄は、10m買っても数百円。材料費も安い。家にある材料で修理できるのは、いいと思うんだけど?