DIY 枯れ木でフラワースタンドを作ってみた




山でボロボロに朽ちた木を見つけました。その時ふと思ったんです。

この木で何か作れないかな

 そう思ったら早速家に持ち帰り、DIYのスタートです。



枯れ木でフラワースタンドを作ってみた

 

山で見つけた枯れ木に花を植えたい

 

山から持ち帰った枯れ木は、本当にボロボロ。

 

こんなに朽ちているのなら、穴を開けてみようかと思い作業開始。

 

旦那が穴を開ける為ノミを打ちこむと、周りはボロボロで、すぐ木の皮が剥がれます。

 

でも中心部分は、ノミを打つカタイ音が響きます。

 

 

真ん中は、腐ってないみたい

 

朽ちた木に穴を開けて、自然に生えているように植物を植えこもうと思っていましたが、ちょっと無理かも。

 

「穴が開けられないなら、何に使おう?」困って、少し考え込みました。

 

それなら、ボロボロの部分をおおよそ剥がした後、形を見て何を作るか考えることにして、二人で作業再開。

 

結構な量の木の皮を手とノミで剥がすこと10分

<ボロボロな部分を剥がし  硬い部分が残った木>

 

やっと残った木の形が見えて来ました。足が3本出ているような形。

 

「3本足なら安定感があるので、植木鉢を置く台にできるかも?」

 

そう思って、目的をフラワースタンド作りに変更したわけです。

 

目的変更でフラワースタンドを作る

 

不要な枝を切り取る

 全体の形を見ながら、鉢を置く位置を決め、不要な枝引っかかりそうで危険な枝を、ノコギリで水平になるように切り取りました。

 

 

鉢を置く位置にある枝は、切り口が出来るだけ水平になるように気をつけて。

 

<水平に枝を切り 何となく形が見えてきた枯れ木>

 

鉢を置いてみる

 試しにワイヤープランツの鉢を置いてみると、鉢が片方に少し傾いています。

 

そこで、ノミで木を削って微調整しました。

 

ノミで木を切ると、樹木特有の香りが漂います。何の木でしょう。

 

「朽ち果てた木なのにまだ香りがするなんて」

 

まだまだ材木として使えるよと言われているようでした

 

2度ほど微調整をすると、傾きが直り水平になって、安定感も増しました。

 

枯れ木をキレイにして、ワイヤープランツを飾る

 

枯れ木の形が整ったので、最後の仕上げです。

 

ボロボロに朽ちた部分を、ノミでキレイに取り除き、ブラシをかけて木屑を掃いのけました。

 

朽ちた部分を取り除いたら、自然が作る面白い形になり、最初の朽ちた木とは思えないほどに変化。

 

単調な木とは異なる味わいがあるし、朽ち果てるはずの木を再利用できたので、すっかり自己満足です

 

半日陰の軒下にワイヤープランツを置いて飾っています。

 

<枯れ木で作ったフラワースタンド>

「鉢を支える面がもう少し広かったら、もっと安定感が出て言うことないのに」なんて思ったら欲張りかな。

 

でも日常ちょっと飾っておくには、便利に使えそうですよ。

 

春になったら、ワイヤープランツも新芽が伸び始めるので、緑と枯れ木の色対比が面白いかもしれません。

 






SNSでシェアしよう